2019年モデルの「オイスター パーペチュアル ヨットマスター42」を見てみたことから、ヨットマスターについて調べてみた。

ヨットマスターは、ヨットクルーズでの使用を想定して作られた富裕層向けの時計だそうだ。1992年に登場し、当時はゴールドモデルのみだった。1997年にステンレスとゴールドのコンビネーションである「ロレゾール」が登場。1999年にステンレスにプラチナ部品を組み合わせた「ロレジウム」が登場した。ヨットマスターは、現在でもステンレスのみで作られたモデルは登場していないという。

スポーツロレックスの花形は「ステンレスモデル」なのだそうだ。ゴールドやプラチナを使うことで、他のスポーツロレックスより高級感のあるモデルがヨットマスターであると理解した。

ロレックスの2019年モデルをサイトで見てみた時、「ヨットマスターモデルでは初となる18金ホワイトゴールド製」とあり、ゴールドが強調される意味が分からなかった。花形はステンレスモデル。高級なゴールドモデル。「ゴールド」という意味が理解できた。

1つ前進できた。

engauser1コラム2019年モデルの「オイスター パーペチュアル ヨットマスター42」を見てみたことから、ヨットマスターについて調べてみた。 ヨットマスターは、ヨットクルーズでの使用を想定して作られた富裕層向けの時計だそうだ。1992年に登場し、当時はゴールドモデルのみだった。1997年にステンレスとゴールドのコンビネーションである「ロレゾール」が登場。1999年にステンレスにプラチナ部品を組み合わせた「ロレジウム」が登場した。ヨットマスターは、現在でもステンレスのみで作られたモデルは登場していないという。 スポーツロレックスの花形は「ステンレスモデル」なのだそうだ。ゴールドやプラチナを使うことで、他のスポーツロレックスより高級感のあるモデルがヨットマスターであると理解した。 ロレックスの2019年モデルをサイトで見てみた時、「ヨットマスターモデルでは初となる18金ホワイトゴールド製」とあり、ゴールドが強調される意味が分からなかった。花形はステンレスモデル。高級なゴールドモデル。「ゴールド」という意味が理解できた。 1つ前進できた。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング