アサヒビール大山崎山荘美術館で、2018年7月28日(土)~9月2日(日)、アサヒビール社のコレクションであるアメリカの抽象画家サム・フランシスの作品が初公開されます。

サム・フランシスは色彩画家。鮮やかな色彩がほとばしる独特の作品を想像し続けたと言います。

特に注目したいのは、「精神状態の反映」と「白の意味」です。

サム・フランシスにとって、色彩は健康状態や精神状態の反映だといいます。信奉していたのは、心理学者のユングで、自己の内側を凝視して、無意識に美しさを感覚で捉えるという禅の世界に通じるようなストイックな姿勢で向き合ったそうです。

また、白という色の可能性の深さを表現したといいます。1959年にニューヨークで出光興産の出光佐三氏と出会いました。出光佐三氏は、サム・フランシスの独特の白の質感や筆の勢い、飛沫に東洋の美を感じ取り、生涯のスポンサーになったといいます。

作品への「精神状態の反映」「白の意味」に注目しながら、作品を楽しんでみては?

さらにサム・フランシスについては知りたい方はこちらから
http://allabout.co.jp/1/202187/1/product/202187_3.htm

 

■企画展「サム・フランシスの色彩」

・日程 2018年7月28日(土)~9月2日(日)。
・時間 10時から17時。
・料金 900円。
・場所 アサヒビール大山崎山荘美術館

詳しくはこちらから
https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38589/

https://engawork.net/wp-content/uploads/2018/07/unnamed-file-2.pnghttps://engawork.net/wp-content/uploads/2018/07/unnamed-file-2-150x150.pngengauserイベント会員アサヒビール大山崎山荘美術館で、2018年7月28日(土)~9月2日(日)、アサヒビール社のコレクションであるアメリカの抽象画家サム・フランシスの作品が初公開されます。 サム・フランシスは色彩画家。鮮やかな色彩がほとばしる独特の作品を想像し続けたと言います。 特に注目したいのは、「精神状態の反映」と「白の意味」です。 サム・フランシスにとって、色彩は健康状態や精神状態の反映だといいます。信奉していたのは、心理学者のユングで、自己の内側を凝視して、無意識に美しさを感覚で捉えるという禅の世界に通じるようなストイックな姿勢で向き合ったそうです。 また、白という色の可能性の深さを表現したといいます。1959年にニューヨークで出光興産の出光佐三氏と出会いました。出光佐三氏は、サム・フランシスの独特の白の質感や筆の勢い、飛沫に東洋の美を感じ取り、生涯のスポンサーになったといいます。 作品への「精神状態の反映」「白の意味」に注目しながら、作品を楽しんでみては? さらにサム・フランシスについては知りたい方はこちらから http://allabout.co.jp/1/202187/1/product/202187_3.htm   ■企画展「サム・フランシスの色彩」 ・日程 2018年7月28日(土)~9月2日(日)。 ・時間 10時から17時。 ・料金 900円。 ・場所 アサヒビール大山崎山荘美術館 詳しくはこちらから https://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38589/地域コミュニティ活性化のためのサンプリング