「がんがら火祭り」は、毎年8月24日に行われます。起源は正保元年(1644年)と言われる伝統的な火祭りです。

池田市の五月山に京都の送り火のごとく「大一文字」「大文字」が灯され、重さ100キロ、長さ4メートルの大松明が2本1組で繰り出し、火の粉を散らしながら市内を練り歩きます。

 
【「大一」や松明の意味】

がんがら火祭りのホームページによると、五月山に灯される「大一文字」や松明の意味は、大は天を、一は大地を、松明は人を象徴するそうです。

また、松明の火は愛宕神社の御神火をもらいます。愛宕は火伏せの神様で、御灯明に灯すと火除けになると、こぼれ火を拾い、持ち帰る人もいると言います。

 
【がんがら火祭り】

・開催日 2018年8月24日
・開催場所 綾羽五月山中腹~市役所周辺
五月山中腹~池田市役所周辺
・開催時間 19時半~22時

 
詳しくはこちらから
http://www.gangara.gr.jp/

https://engawork.net/wp-content/uploads/2018/07/unnamed-file-1024x1024.pnghttps://engawork.net/wp-content/uploads/2018/07/unnamed-file-150x150.pngengauserイベント会員「がんがら火祭り」は、毎年8月24日に行われます。起源は正保元年(1644年)と言われる伝統的な火祭りです。 池田市の五月山に京都の送り火のごとく「大一文字」「大文字」が灯され、重さ100キロ、長さ4メートルの大松明が2本1組で繰り出し、火の粉を散らしながら市内を練り歩きます。   【「大一」や松明の意味】 がんがら火祭りのホームページによると、五月山に灯される「大一文字」や松明の意味は、大は天を、一は大地を、松明は人を象徴するそうです。 また、松明の火は愛宕神社の御神火をもらいます。愛宕は火伏せの神様で、御灯明に灯すと火除けになると、こぼれ火を拾い、持ち帰る人もいると言います。   【がんがら火祭り】 ・開催日 2018年8月24日 ・開催場所 綾羽五月山中腹~市役所周辺 五月山中腹~池田市役所周辺 ・開催時間 19時半~22時   詳しくはこちらから http://www.gangara.gr.jp/地域コミュニティ活性化のためのサンプリング