先週の新聞にウェブ考案者である英科学者ティム・バーナーズ氏へのインタビュー記事が載っていました。そこには「製造業に強い日本はIoTでチャンスが到来する。だが、日本はとにかく良いセンサーや関連部品を作ろうとしがちだ。米国はその仕組みを使ってどんな新しいサービスを生むかに知恵を絞っている。日本はそこを間違ってはならない」とありました。

自分自身の行動を振り返ってみて、確かにデータを集めたり、本を読んだり、資料を読んだり、インプットすることは多いけれども、そこから「どういうことができるのか」ということまで考えている時間が少ないと思いました。

そこで、データを集めることから「どういうことができるのか」にシフトするため、そこを考えることにつながりそうな先週の自動化関連情報を集めて見ました。

 

■「どう売るのか」に集中すべき
「誰に」「いつ」「何を」売るべきなのかという標準的な推薦はAIが行う。人は「コミュニケーション」と「どう売るか」に集中すべきだ。

需要予測段階では、必要情報の収集、発注数の算出、自動発注にいたるまで、一連の流れをAIが行う。分析の段階では、人が状況判断や事業方針のすり合わせを行う。対処の段階では、人が発注数の修正を行う。

これにより、AIだけで業務を行うよりも、さらにきめ細かい意思決定が可能になる。

 

■企業の競争力を高める力量
これまでの弁理士は、特許の調査や申請業務をこなすことで役割を果たせた。これからは経営者と一緒になって知恵を絞るのがAI時代を生き抜く弁理士の姿だ。顧客企業が生み出す発明を企業の競争力につなげられるのか。その力量が問われる。

 

■つけるべき能力
AI、IoT、自動化で、今所属している企業外で働く必要性が高まることになる。企業間を人材が移動する度合いも高まる。より人間としての強みを活かせるような仕事にシフトしていく。

また、組織は永続的に存在するのではなく、プロジェクトベースになる可能性が高い。プロジェクトを作り、終われば解散する。そのため、所属する組織やこなす仕事が終わった後でも、十分に能力が発揮できる能力開発や訓練が必要になる。

engauserIT関連先週の新聞にウェブ考案者である英科学者ティム・バーナーズ氏へのインタビュー記事が載っていました。そこには「製造業に強い日本はIoTでチャンスが到来する。だが、日本はとにかく良いセンサーや関連部品を作ろうとしがちだ。米国はその仕組みを使ってどんな新しいサービスを生むかに知恵を絞っている。日本はそこを間違ってはならない」とありました。 自分自身の行動を振り返ってみて、確かにデータを集めたり、本を読んだり、資料を読んだり、インプットすることは多いけれども、そこから「どういうことができるのか」ということまで考えている時間が少ないと思いました。 そこで、データを集めることから「どういうことができるのか」にシフトするため、そこを考えることにつながりそうな先週の自動化関連情報を集めて見ました。   ■「どう売るのか」に集中すべき 「誰に」「いつ」「何を」売るべきなのかという標準的な推薦はAIが行う。人は「コミュニケーション」と「どう売るか」に集中すべきだ。 需要予測段階では、必要情報の収集、発注数の算出、自動発注にいたるまで、一連の流れをAIが行う。分析の段階では、人が状況判断や事業方針のすり合わせを行う。対処の段階では、人が発注数の修正を行う。 これにより、AIだけで業務を行うよりも、さらにきめ細かい意思決定が可能になる。   ■企業の競争力を高める力量 これまでの弁理士は、特許の調査や申請業務をこなすことで役割を果たせた。これからは経営者と一緒になって知恵を絞るのがAI時代を生き抜く弁理士の姿だ。顧客企業が生み出す発明を企業の競争力につなげられるのか。その力量が問われる。   ■つけるべき能力 AI、IoT、自動化で、今所属している企業外で働く必要性が高まることになる。企業間を人材が移動する度合いも高まる。より人間としての強みを活かせるような仕事にシフトしていく。 また、組織は永続的に存在するのではなく、プロジェクトベースになる可能性が高い。プロジェクトを作り、終われば解散する。そのため、所属する組織やこなす仕事が終わった後でも、十分に能力が発揮できる能力開発や訓練が必要になる。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング