NTTデータグループのJSOL、警察庁の科学警察研究所、検知器メーカーの理研計器は、人工知能(AI)を使ってサリンやVXガスなど有毒ガスを特定する技術を共同開発したもよう。日本経済新聞が報じた。

JSOLがAIを使う解析ソフトを開発。人が関わる作業をAIが全て担い、判定精度を従来よりも30ポイント高い90%に引き上げたという。

2020年までに検知器に応用して製品化。テロ対策に取り組む警察や商業施設に販売する。病院で病気の原因となるウイルスを含む空気を分析することで、院内感染を防いだり、学校でインフルエンザの流行を未然に防いだりといった用途も開発するという。

engauserIT関連NTTデータグループのJSOL、警察庁の科学警察研究所、検知器メーカーの理研計器は、人工知能(AI)を使ってサリンやVXガスなど有毒ガスを特定する技術を共同開発したもよう。日本経済新聞が報じた。 JSOLがAIを使う解析ソフトを開発。人が関わる作業をAIが全て担い、判定精度を従来よりも30ポイント高い90%に引き上げたという。 2020年までに検知器に応用して製品化。テロ対策に取り組む警察や商業施設に販売する。病院で病気の原因となるウイルスを含む空気を分析することで、院内感染を防いだり、学校でインフルエンザの流行を未然に防いだりといった用途も開発するという。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング