トリップアドバイザーは2月15日、2016年第4四半期および通年の決算を発表した。米国会計基準(GAAP)の純利益は、第4四半期が同67%減の100万ドル、通年では前年比39%減の1億2000万ドルだった。

アーネスト・トニッセン最高財務責任者(CFO)は「大規模な投資を事業拡大の為に行ったので、この決算は想定の範囲内」と話し、スティーブ・カフナー最高経営責任者(CEO)も「2016年は変革の年だった。様々な事業を拡充できた」と手応えを掴んでいる。

今、一番の成長株は航空券やホテル宿泊に付随する「アトラクション部門」。旅行先でのレストランや、アクティビティなどの現地オプション。ユーザーの関心も日に日に高まっており、更なる機能の拡充を行う方針。

縁がワーク運営旅行業界関連トリップアドバイザーは2月15日、2016年第4四半期および通年の決算を発表した。米国会計基準(GAAP)の純利益は、第4四半期が同67%減の100万ドル、通年では前年比39%減の1億2000万ドルだった。 アーネスト・トニッセン最高財務責任者(CFO)は「大規模な投資を事業拡大の為に行ったので、この決算は想定の範囲内」と話し、スティーブ・カフナー最高経営責任者(CEO)も「2016年は変革の年だった。様々な事業を拡充できた」と手応えを掴んでいる。 今、一番の成長株は航空券やホテル宿泊に付随する「アトラクション部門」。旅行先でのレストランや、アクティビティなどの現地オプション。ユーザーの関心も日に日に高まっており、更なる機能の拡充を行う方針。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング