毎年、米国で発表される企業評判ランキング「Reputation Quotient Ratings」の2017年度が公開され、昨年7位だった韓国のSamsungElectronicsは49位と大きく順位を下げた。

要因として「Galaxy Note7」の2度にわたるリコールと、李在鎔副会長が韓国政府との癒着疑惑により逮捕されたことが影響したとみられる。

なお、日本企業はトヨタが16位、ホンダが30位、ソニーが42位にランクインした。

縁がワーク運営IT関連毎年、米国で発表される企業評判ランキング「Reputation Quotient Ratings」の2017年度が公開され、昨年7位だった韓国のSamsungElectronicsは49位と大きく順位を下げた。 要因として「Galaxy Note7」の2度にわたるリコールと、李在鎔副会長が韓国政府との癒着疑惑により逮捕されたことが影響したとみられる。 なお、日本企業はトヨタが16位、ホンダが30位、ソニーが42位にランクインした。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング