米国マイクロソフトは現地時間の2月15日、ドローンのAI学習シュミレーターを無料で公開したと発表。

これまでドローンの自律飛行を開発する際には、実際のドローンを飛ばす必要があり、墜落や衝突の度に多大なコストを与えたり、物や人に危害を加えてしまうリスクが
あったが、これを導入することによりそれらが一層される。

実際のドローンからの視点のみでなく、飛行するドローンを俯瞰して見た様子や、物体までの距離などもシュミレーションできるようになっている。

デモムービーはこちら。

開発コストやリスクが大きく減らせることにより、開発競争は更に熱を帯びることが予想される。

縁がワーク運営IT関連米国マイクロソフトは現地時間の2月15日、ドローンのAI学習シュミレーターを無料で公開したと発表。 これまでドローンの自律飛行を開発する際には、実際のドローンを飛ばす必要があり、墜落や衝突の度に多大なコストを与えたり、物や人に危害を加えてしまうリスクが あったが、これを導入することによりそれらが一層される。 実際のドローンからの視点のみでなく、飛行するドローンを俯瞰して見た様子や、物体までの距離などもシュミレーションできるようになっている。 デモムービーはこちら。 https://www.youtube.com/watch?v=-WfTr1-OBGQ 開発コストやリスクが大きく減らせることにより、開発競争は更に熱を帯びることが予想される。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング