日本経済新聞によると、日本マイクロソフトはSBIホールディングスのFX取引サービス向けに、顧客からの問合せに自動回答するAIを開発するとのこと。

SBIグループで、FXのシステム開発を手掛けるSBIリクイディティ・マーケット(SBILM)と共同開発する。

即座に的確な回答を行う為、これまでの電話やメールでの回答履歴10万件以上を学習させる。

4月までに開発し、5月に利用開始予定。1~2年後までに問合せ対応業務の半数を自動応答にすることを目指している。

縁がワーク運営IT関連日本経済新聞によると、日本マイクロソフトはSBIホールディングスのFX取引サービス向けに、顧客からの問合せに自動回答するAIを開発するとのこと。 SBIグループで、FXのシステム開発を手掛けるSBIリクイディティ・マーケット(SBILM)と共同開発する。 即座に的確な回答を行う為、これまでの電話やメールでの回答履歴10万件以上を学習させる。 4月までに開発し、5月に利用開始予定。1~2年後までに問合せ対応業務の半数を自動応答にすることを目指している。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング