米国のフォード・モーターは10日、同国の自動運転ベンチャーのアルゴAIに今後5年で10億ドル(約1130億円)投資すると発表した。

フォードは2016年8月、2021年までに完全自動運転車を量産する計画を明らかにしており、今回の投資でその達成をより確実なものにしたい考え。

アルゴAIは、グーグルとウーバーテクノロジーズで自動運転の開発を行っていた2人の技術者により、2016年11月に設立。まだ設立して間もない企業にこれだけの資金を投じるのは異例といえる。

自動運転の分野は、ゼネラル・モーターズやトヨタも2016年に多額の投資をすることを発表している。

優秀なAI人材は米国でも数が足りておらず、人材の獲得競争が激化している。それに伴い資金力に劣る中小企業は、これらの開発競争から遅れをとらないようトヨタとスズキが連携したような事例が今後、増えることになりそうだ。

縁がワーク運営IT関連米国のフォード・モーターは10日、同国の自動運転ベンチャーのアルゴAIに今後5年で10億ドル(約1130億円)投資すると発表した。 フォードは2016年8月、2021年までに完全自動運転車を量産する計画を明らかにしており、今回の投資でその達成をより確実なものにしたい考え。 アルゴAIは、グーグルとウーバーテクノロジーズで自動運転の開発を行っていた2人の技術者により、2016年11月に設立。まだ設立して間もない企業にこれだけの資金を投じるのは異例といえる。 自動運転の分野は、ゼネラル・モーターズやトヨタも2016年に多額の投資をすることを発表している。 優秀なAI人材は米国でも数が足りておらず、人材の獲得競争が激化している。それに伴い資金力に劣る中小企業は、これらの開発競争から遅れをとらないようトヨタとスズキが連携したような事例が今後、増えることになりそうだ。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング