マイクロソフトは2016年の1月にIntel第6世代CPU「Skylake」について、Windows7/8.1のサポートは2017年7月17日までサポート期間を短縮すると発表していたが、3月18日にサポート期限を1年延長して2018年7月17日までにすると発表した。

もともと短縮の理由としてマイクロソフトは、「Windows7は約10年前に開発されたもので、最新のCPUに対応しきれておらず、そのための変更を加えることによって今度は古いCPUを積んだパソコンに悪影響を及ぼす可能性があるため」としていた。しかし、有効な対策方法を発見したのか、それとも突然のサポート終了発表による顧客への影響が大きかったのかは不明だが、1年延長されることになった。

また、第6世代CPUのサポート期間短縮の発表と同時に、第7世代CPU以降についてはWindows10しかサポートしないという発表もあったが、それについてはこれまで特に変更の案内はない。従ってWindows7以外だと不具合が起きる可能性があるオーダーメイドソフトや古いシステムを使用している場合は、引き続き注意が必要だ。

engauserIT関連マイクロソフトは2016年の1月にIntel第6世代CPU「Skylake」について、Windows7/8.1のサポートは2017年7月17日までサポート期間を短縮すると発表していたが、3月18日にサポート期限を1年延長して2018年7月17日までにすると発表した。 もともと短縮の理由としてマイクロソフトは、「Windows7は約10年前に開発されたもので、最新のCPUに対応しきれておらず、そのための変更を加えることによって今度は古いCPUを積んだパソコンに悪影響を及ぼす可能性があるため」としていた。しかし、有効な対策方法を発見したのか、それとも突然のサポート終了発表による顧客への影響が大きかったのかは不明だが、1年延長されることになった。 また、第6世代CPUのサポート期間短縮の発表と同時に、第7世代CPU以降についてはWindows10しかサポートしないという発表もあったが、それについてはこれまで特に変更の案内はない。従ってWindows7以外だと不具合が起きる可能性があるオーダーメイドソフトや古いシステムを使用している場合は、引き続き注意が必要だ。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング