rk_150416

経済産業省は燃料電池車(FCV)について初めて普及目標を設定した。規制緩和や補助金で、建設や運営などの事業者の取り組みを後押しする。例として、設備の低コスト化に向けた技術開発に補助金を出したり、セルフ式ガソリンスタンドのように、利用者が自分で燃料を入れることを可能にするための規制緩和を行うとしている。

■経産省目標

①燃料電池車(FCV)普及目標

目標台数 備考
2016年現在 約500台  現在の普及台数
2020年 4万台 中間目標
2025年 20万台 中間目標
2030年 80万台

②水素ステーション普及目標

 2016年現在  約80カ所
 2025年目標  320カ所

■ガソリンスタンドと水素ステーションの比較

建設費  運営費 備考
ガソリンスタンド 1億円前後
運営費3,000万円/年

運営費については平成23年度調査対象1,817件の平均。
店舗・地域等で大きく異なる。
水素ステーション 4~5億円程度 運営費4,000万円/年
engauser自動車関連特集経済産業省は燃料電池車(FCV)について初めて普及目標を設定した。規制緩和や補助金で、建設や運営などの事業者の取り組みを後押しする。例として、設備の低コスト化に向けた技術開発に補助金を出したり、セルフ式ガソリンスタンドのように、利用者が自分で燃料を入れることを可能にするための規制緩和を行うとしている。 ■経産省目標 ①燃料電池車(FCV)普及目標 目標台数 備考 2016年現在 約500台  現在の普及台数 2020年 4万台 中間目標 2025年 20万台 中間目標 2030年 80万台 ②水素ステーション普及目標  2016年現在  約80カ所  2025年目標  320カ所 ■ガソリンスタンドと水素ステーションの比較 建設費  運営費 備考 ガソリンスタンド 1億円前後 ※ 運営費3,000万円/年 ※ 運営費については平成23年度調査対象1,817件の平均。 店舗・地域等で大きく異なる。 水素ステーション 4~5億円程度 運営費4,000万円/年地域コミュニティ活性化のためのサンプリング