スズキは、2016年3月9日、インドで生産する小型車「バレーノ」の国内販売を開始した。日本では軽自動車税の増税で、軽自動車の販売が減少している。インドからの輸入で、収益性の高い小型車の販売を強化する狙い。年間目標販売台数は6000台としている。

日本向けのバレーノは、インド仕様とは異なるエンジンやサスペンションを採用。安全装置として需要が高まっている自動ブレーキも搭載する。品質を保証するため、最終的な検査にはインドの工場に加え、日本の工場でも行われる。

engauser自動車関連スズキは、2016年3月9日、インドで生産する小型車「バレーノ」の国内販売を開始した。日本では軽自動車税の増税で、軽自動車の販売が減少している。インドからの輸入で、収益性の高い小型車の販売を強化する狙い。年間目標販売台数は6000台としている。 日本向けのバレーノは、インド仕様とは異なるエンジンやサスペンションを採用。安全装置として需要が高まっている自動ブレーキも搭載する。品質を保証するため、最終的な検査にはインドの工場に加え、日本の工場でも行われる。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング