日立製作所は2月8日、宮古島新産業推進機構(以下、MIIA)と40%の低濃度バイオエタノール燃料で発電する高効率な発電システムを試作したと発表した。

サトウキビやトウモロコシなどを原料として作られるバイオエタノールは大気中の二酸化炭素の総量に影響を与えないカーボンニュートラル燃料(=排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である燃料)とされ、世界中で利用されており、かつ導入が加速している。現在自動車燃料に使用されるバイオエタノールは濃度約90%と高濃度であり、危険物扱いなので、安全性の高い低濃度バイオエタノールを効率的に生産する技術と、それを活用できるエンジンの開発が求められていた。

今回日立とMIIAが発表したエンジン技術は、40%と危険物扱いでは無くなり安全性の高い低濃度バイオエタノールから、排熱を利用して水素を発生させ、低濃度バイオエタノールと水素を燃焼することで動力変換効率を高めており、40kWの発電システムで動力変換効率45%を実現している。また、従来のバイオエタノールの製造方法に比べて、約40%のエネルギー削減をクリアした。

今後は、CO2排出量の削減効果が大きい地域分散型発電をめざし、またバイオエタノール製造の残渣物を肥料や飼料として再利用するなど、循環型システムの構築に取り組むとしている。

engauser自動車関連日立製作所は2月8日、宮古島新産業推進機構(以下、MIIA)と40%の低濃度バイオエタノール燃料で発電する高効率な発電システムを試作したと発表した。 サトウキビやトウモロコシなどを原料として作られるバイオエタノールは大気中の二酸化炭素の総量に影響を与えないカーボンニュートラル燃料(=排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である燃料)とされ、世界中で利用されており、かつ導入が加速している。現在自動車燃料に使用されるバイオエタノールは濃度約90%と高濃度であり、危険物扱いなので、安全性の高い低濃度バイオエタノールを効率的に生産する技術と、それを活用できるエンジンの開発が求められていた。 今回日立とMIIAが発表したエンジン技術は、40%と危険物扱いでは無くなり安全性の高い低濃度バイオエタノールから、排熱を利用して水素を発生させ、低濃度バイオエタノールと水素を燃焼することで動力変換効率を高めており、40kWの発電システムで動力変換効率45%を実現している。また、従来のバイオエタノールの製造方法に比べて、約40%のエネルギー削減をクリアした。 今後は、CO2排出量の削減効果が大きい地域分散型発電をめざし、またバイオエタノール製造の残渣物を肥料や飼料として再利用するなど、循環型システムの構築に取り組むとしている。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング