「Toyota Safety Sense P」とは、トヨタの先進安全機能4つをパッケージ化したものである。以前プリウスについてまとめた際に簡単に記述をしているが(参考→新型プリウス比較まとめ)、一部の新型プリウスには標準で搭載されている機能である。今回は「Toyota Safety Sense P」の4つの機能ついてもう少し詳しく記述する。

1.プリクラッシュセーフティシステム
自動車の先進安全機能と聞いて思い浮かぶのは、自動ブレーキシステムではないだろうか。それが「プリクラッシュセーフティシステム」である。前方を走行する自動車や歩行者などを、車両に搭載されているレーダーとカメラで検出し、追突の危険性が生じるとブザーなどでドライバーに知らせる。ドライバーがブレーキを踏めば、通常よりも強くブレーキがかかり、衝突回避や被害軽減をアシストする仕組みになっている(=プリクラッシュブレーキアシスト)。そしてドライバーがブレーキを踏めなかった場合も自動ブレーキが作動し、危険回避をサポートする。

2.レーンディパーチャーアラート
走行中にドライバーがウインカーを出さずに車線を逸脱しようとした場合に、ドライバーにブザーなどで警告する。ステアリングも制御し、車線逸脱回避をサポートする。

3.オートマチックハイビーム
前方を走行する自動車や対向車を検知し、ハイビームのON/OFFを自動で切り替える。切り替え忘れを防ぎ、運転時の操作の面倒を緩和し、ハイビームでの走行頻度を高めることによって、夜間を安全に走行する部分もサポートしている。

4.レーダークルーズコントロール
前を走る自動車を追従走行するシステム。設定した速度で低速追従走行したり、先行車の加減速を検知して自動でアクセル・ブレーキを制御する。例えば速度を100km/hに設定して高速道路を走行した場合、前を走る車に近づいたときは減速して適切な距離を保とうとし、前を走る車が離れた場合は100km/hに戻り走行を継続する。レーダークルーズコントロールは高速道路の走行時に活躍するが、渋滞時でも活躍する。渋滞時は発進・停止の繰り返しでドライバーは疲労するものだが、レーダークルーズコントロールがサポートすることによりとても楽に運転することができる。

もらい事故など交通事故は100%回避できるものではないが、先進完全システムを取り入れることにより、交通事故の確率を大幅に減らすことができる時代になっている。自動車を検討する場合は燃費や価格だけでなく、安全機能にも注目して欲しい。

engauser自動車関連特集「Toyota Safety Sense P」とは、トヨタの先進安全機能4つをパッケージ化したものである。以前プリウスについてまとめた際に簡単に記述をしているが(参考→新型プリウス比較まとめ)、一部の新型プリウスには標準で搭載されている機能である。今回は「Toyota Safety Sense P」の4つの機能ついてもう少し詳しく記述する。 1.プリクラッシュセーフティシステム 自動車の先進安全機能と聞いて思い浮かぶのは、自動ブレーキシステムではないだろうか。それが「プリクラッシュセーフティシステム」である。前方を走行する自動車や歩行者などを、車両に搭載されているレーダーとカメラで検出し、追突の危険性が生じるとブザーなどでドライバーに知らせる。ドライバーがブレーキを踏めば、通常よりも強くブレーキがかかり、衝突回避や被害軽減をアシストする仕組みになっている(=プリクラッシュブレーキアシスト)。そしてドライバーがブレーキを踏めなかった場合も自動ブレーキが作動し、危険回避をサポートする。 2.レーンディパーチャーアラート 走行中にドライバーがウインカーを出さずに車線を逸脱しようとした場合に、ドライバーにブザーなどで警告する。ステアリングも制御し、車線逸脱回避をサポートする。 3.オートマチックハイビーム 前方を走行する自動車や対向車を検知し、ハイビームのON/OFFを自動で切り替える。切り替え忘れを防ぎ、運転時の操作の面倒を緩和し、ハイビームでの走行頻度を高めることによって、夜間を安全に走行する部分もサポートしている。 4.レーダークルーズコントロール 前を走る自動車を追従走行するシステム。設定した速度で低速追従走行したり、先行車の加減速を検知して自動でアクセル・ブレーキを制御する。例えば速度を100km/hに設定して高速道路を走行した場合、前を走る車に近づいたときは減速して適切な距離を保とうとし、前を走る車が離れた場合は100km/hに戻り走行を継続する。レーダークルーズコントロールは高速道路の走行時に活躍するが、渋滞時でも活躍する。渋滞時は発進・停止の繰り返しでドライバーは疲労するものだが、レーダークルーズコントロールがサポートすることによりとても楽に運転することができる。 もらい事故など交通事故は100%回避できるものではないが、先進完全システムを取り入れることにより、交通事故の確率を大幅に減らすことができる時代になっている。自動車を検討する場合は燃費や価格だけでなく、安全機能にも注目して欲しい。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング