ホンダは、2016年2月3日、タカタのエアバッグリコール問題で、全米で2015年秋発売の最新モデルを含む223万台の追加リコールを発表した。米高速道路交通安全局(NHTSA)は2016年1月22日、2015年12月に米国でエアバッグの破損による新たな死亡事故が起きたことを受け、最大500万台の追加リコールを行うと発表。ホンダの対応はその一部。今回のリコールでホンダの米国でのリコール対象車は約850万台にのぼるという。

タカタ製エアバッグをリコールする自動車メーカーは10社を超え、タカタの肩代わりの費用は3000億円に達しているもよう。今後、部品の再交換が必要と判断されれば、リコール費用はさらに膨らむ可能性がある。

engauser自動車関連ホンダは、2016年2月3日、タカタのエアバッグリコール問題で、全米で2015年秋発売の最新モデルを含む223万台の追加リコールを発表した。米高速道路交通安全局(NHTSA)は2016年1月22日、2015年12月に米国でエアバッグの破損による新たな死亡事故が起きたことを受け、最大500万台の追加リコールを行うと発表。ホンダの対応はその一部。今回のリコールでホンダの米国でのリコール対象車は約850万台にのぼるという。 タカタ製エアバッグをリコールする自動車メーカーは10社を超え、タカタの肩代わりの費用は3000億円に達しているもよう。今後、部品の再交換が必要と判断されれば、リコール費用はさらに膨らむ可能性がある。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング