CMOSイメージセンサーは、光を電気信号に変えて映像化する半導体。従来のCCDに比べて早くデータを読み出すことができ、消費電力も少ない。約70%がスマートフォンを中心とする携帯電話向けで使用されている。

約40%のシェアを持ち、積層型イメージセンサーを製造するソニーは、車載向けイメージセンサーの市場規模を2014年の200億円から2025年に1000~2000億円規模まで拡大すると予測。ソニーのイメージセンサーが自動車に搭載され始めるのは最低でも2017年頃と予想されている。

パナソニックは、2016年2月3日、有機薄膜を用いたCMOSイメージセンサーを開発。2020年前後にも実用化を目指す。

engauser自動車関連特集CMOSイメージセンサーは、光を電気信号に変えて映像化する半導体。従来のCCDに比べて早くデータを読み出すことができ、消費電力も少ない。約70%がスマートフォンを中心とする携帯電話向けで使用されている。 約40%のシェアを持ち、積層型イメージセンサーを製造するソニーは、車載向けイメージセンサーの市場規模を2014年の200億円から2025年に1000~2000億円規模まで拡大すると予測。ソニーのイメージセンサーが自動車に搭載され始めるのは最低でも2017年頃と予想されている。 パナソニックは、2016年2月3日、有機薄膜を用いたCMOSイメージセンサーを開発。2020年前後にも実用化を目指す。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング