パナソニックは、2016年2月3日、車の自動運転に活用できる高性能な画像センサーを開発したと発表した。有機薄膜を用いたCMOSイメージセンサーで、感度を従来品より100倍に高めた。一般的な画像センサーは、ヘッドライトなど強い光があたると画像が白くなりやすいため、夜間は信号の色や歩行者を鮮明に見分けにくかった。新開発の画像センサーでは、夜間走行時にも信号や歩行者、障害物などを瞬時に把握できるようになる。2020年前後にも実用化を目指す。

engauser自動車関連パナソニックは、2016年2月3日、車の自動運転に活用できる高性能な画像センサーを開発したと発表した。有機薄膜を用いたCMOSイメージセンサーで、感度を従来品より100倍に高めた。一般的な画像センサーは、ヘッドライトなど強い光があたると画像が白くなりやすいため、夜間は信号の色や歩行者を鮮明に見分けにくかった。新開発の画像センサーでは、夜間走行時にも信号や歩行者、障害物などを瞬時に把握できるようになる。2020年前後にも実用化を目指す。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング