ホンダは、米ゼネラル・モーターズ(GM)と自動車の自動運転に必要である人工知能(AI)で協業を検討する。すでに両社は燃料電池システムの分野で協業関係にあるが(過去の記事→ホンダ GMと共同で燃料電池システムの生産を検討)、連携分野の幅が広がることになる。

AIの分野としては、トヨタ自動車が5年で役1,200億円の投資を表明しているほか、GoogleなどIT業界も参入を狙っている。ソフトウェアで主導権を握られてしまうと、現在のパソコン業界がWindows OSやOfficeでマイクロソフトに主導権を握られているのと同じように、自動車メーカーはハードの提供をするのみの存在になりかねない。生き残りをかけて、AIの開発から避けられない状態になっている。

engauser自動車関連ホンダは、米ゼネラル・モーターズ(GM)と自動車の自動運転に必要である人工知能(AI)で協業を検討する。すでに両社は燃料電池システムの分野で協業関係にあるが(過去の記事→ホンダ GMと共同で燃料電池システムの生産を検討)、連携分野の幅が広がることになる。 AIの分野としては、トヨタ自動車が5年で役1,200億円の投資を表明しているほか、GoogleなどIT業界も参入を狙っている。ソフトウェアで主導権を握られてしまうと、現在のパソコン業界がWindows OSやOfficeでマイクロソフトに主導権を握られているのと同じように、自動車メーカーはハードの提供をするのみの存在になりかねない。生き残りをかけて、AIの開発から避けられない状態になっている。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング