ホンダは燃料電池システム(FCV)を共同開発している米ゼネラル・モーターズ(GM)と、将来的に共同生産を検討していると発表した。

燃料電池システムは酸素と水素を化学反応させ、電気を作る燃料電池を搭載し、モーターを回して走行する仕組み。CO2の排出がゼロと環境に優しく、電気自動車よりも走行距離が長い。しかしコスト面や、ガソリン車同様に燃料補給が必要なため、水素ステーションの整備など課題もある。

本田は3月に量産型FCVを発売予定で、2020年を目標にGMと共同開発している次世代FCVを投入する予定。

engauser自動車関連ホンダは燃料電池システム(FCV)を共同開発している米ゼネラル・モーターズ(GM)と、将来的に共同生産を検討していると発表した。 燃料電池システムは酸素と水素を化学反応させ、電気を作る燃料電池を搭載し、モーターを回して走行する仕組み。CO2の排出がゼロと環境に優しく、電気自動車よりも走行距離が長い。しかしコスト面や、ガソリン車同様に燃料補給が必要なため、水素ステーションの整備など課題もある。 本田は3月に量産型FCVを発売予定で、2020年を目標にGMと共同開発している次世代FCVを投入する予定。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング