自動運転車の高精度地図開発に関する企業の動きをまとめた。

トヨタ自動車は、市販車に搭載しているカメラやGPSで高精度地図を自動的に作成するシステムを開発。三菱電機は、自動車で走行しながら3次元空間位置データをリアルタイムで把握する技術を開発し、自動車で走行しながら3次元地図を作製することに応用。アイサンテクノロジーは、高精度三次元地図データベースを開発。パイオニアは、高精度地図データを整備するための中核システム「LiDARシステムを開発。三菱電機やアイサンテクノロジーなど7社で構成する「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」は内閣府から自動運転で必要になる地図の検討事業を受託。2016年3月までに報告をまとめる。

 

企業・組織 地図関連
トヨタ自動車 市販車のカメラやGPSで高精度地図を自動的に作成するシステム
三菱電機 自動車で走行しながら3次元空間位置データをリアルタイムに把握する技術
アイサンテクノロジー 高精度三次元地図データベース
パイオニア LiDARシステム
ダイナミックマップ 内閣府から地図検討事業を受託

【トヨタ自動車】
トヨタ自動車は、市販車に搭載しているカメラやGPSを活用し、自動運転の走行に必要となる高精度地図を自動的に作成するシステムを開発。カメラを装着した車両が走行中に収集した路面の画像データと位置情報をデータセンターに集約し、補正することで、自動的に広域の高精度地図データを作製する。

【三菱電機】
三菱電機は、自動車で走行しながら3次元空間位置データをリアルタイムで把握する技術を開発。レーザー計測器や全地球測位システム(GPS)で割り出した建物や道路情報を瞬時に処理。自動車で走行しながら3次元地図を作製したり、災害状況の把握、社会インフラ管理などにも応用できる。

【アイサンテクノロジー】
アイサンテクノロジーは、高精度GPS移動計測装置(MMS)により取得する高精度三次元データと共に、高精度三次元地図データベースを開発。

【パイオニア】
パイオニアは高精度地図データを整備するための中核システム「LiDARシステム」を開発。レーザー照射に対する対象物からの散乱光を受信し、対象物までの距離や形状、性質を計測・分析する。

【ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム】
三菱電機やアイサンテクノロジーなど7社で構成する「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」は内閣府から自動運転で必要になる地図の検討事業を受託。道路地図の他、渋滞や交通規制などの情報も組み込む。地図を作製して2016年3月上旬までに報告をまとめる。

 

■日本政府の動き

政府の「科学技術イノベーション総合戦略」では、年間約4.5兆円の科学技術関連予算を重点分野に優先的に振り向け。自動運転車では、全地域測位システム(GPS)で交通規制や車両・歩行者の混雑、道路周辺の建物など詳しい情報を盛り込んだ地図を作製。危険時に自動車から手動運転に切り替える仕組みの開発を進める。2016年予算から実行する。

 

分野 内容 実行
自動運転車 GPSで詳しい情報を盛り込んだ地図を作製 2016年
危険時に自動運転から手動運転に切り替える仕組みを開発
engauser自動車関連特集自動運転車の高精度地図開発に関する企業の動きをまとめた。 トヨタ自動車は、市販車に搭載しているカメラやGPSで高精度地図を自動的に作成するシステムを開発。三菱電機は、自動車で走行しながら3次元空間位置データをリアルタイムで把握する技術を開発し、自動車で走行しながら3次元地図を作製することに応用。アイサンテクノロジーは、高精度三次元地図データベースを開発。パイオニアは、高精度地図データを整備するための中核システム「LiDARシステムを開発。三菱電機やアイサンテクノロジーなど7社で構成する「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」は内閣府から自動運転で必要になる地図の検討事業を受託。2016年3月までに報告をまとめる。   企業・組織 地図関連 トヨタ自動車 市販車のカメラやGPSで高精度地図を自動的に作成するシステム 三菱電機 自動車で走行しながら3次元空間位置データをリアルタイムに把握する技術 アイサンテクノロジー 高精度三次元地図データベース パイオニア LiDARシステム ダイナミックマップ 内閣府から地図検討事業を受託 【トヨタ自動車】 トヨタ自動車は、市販車に搭載しているカメラやGPSを活用し、自動運転の走行に必要となる高精度地図を自動的に作成するシステムを開発。カメラを装着した車両が走行中に収集した路面の画像データと位置情報をデータセンターに集約し、補正することで、自動的に広域の高精度地図データを作製する。 【三菱電機】 三菱電機は、自動車で走行しながら3次元空間位置データをリアルタイムで把握する技術を開発。レーザー計測器や全地球測位システム(GPS)で割り出した建物や道路情報を瞬時に処理。自動車で走行しながら3次元地図を作製したり、災害状況の把握、社会インフラ管理などにも応用できる。 【アイサンテクノロジー】 アイサンテクノロジーは、高精度GPS移動計測装置(MMS)により取得する高精度三次元データと共に、高精度三次元地図データベースを開発。 【パイオニア】 パイオニアは高精度地図データを整備するための中核システム「LiDARシステム」を開発。レーザー照射に対する対象物からの散乱光を受信し、対象物までの距離や形状、性質を計測・分析する。 【ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム】 三菱電機やアイサンテクノロジーなど7社で構成する「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」は内閣府から自動運転で必要になる地図の検討事業を受託。道路地図の他、渋滞や交通規制などの情報も組み込む。地図を作製して2016年3月上旬までに報告をまとめる。   ■日本政府の動き 政府の「科学技術イノベーション総合戦略」では、年間約4.5兆円の科学技術関連予算を重点分野に優先的に振り向け。自動運転車では、全地域測位システム(GPS)で交通規制や車両・歩行者の混雑、道路周辺の建物など詳しい情報を盛り込んだ地図を作製。危険時に自動車から手動運転に切り替える仕組みの開発を進める。2016年予算から実行する。   分野 内容 実行 自動運転車 GPSで詳しい情報を盛り込んだ地図を作製 2016年 危険時に自動運転から手動運転に切り替える仕組みを開発地域コミュニティ活性化のためのサンプリング