昨年11月に本サイトでメーター戻しについて記述したが(URL→http://sdk-news.net/2015/11/21/【総合】メーター戻し再び再燃?/)、国交省は対策に乗り出す方針。

最近は技術の向上と二重車検により(詳細は上記URL参照)、デジタルorアナログメーター関わらず、メーターの巻き戻しを行って、価値の低い自動車を不当に高値で販売する業者が現れていた。今までは検査員が車検時に、前回から走行距離が短いことについて不審に思っても、「メーター故障により機械を交換した」などと主張されれば、それ以上の追求を行う事が出来なかった。そこで、車検後の記録に過去の走行距離の最大値を記載し、何度車検を受けても最大値を消すことが出来ないようにすることで、走行距離の改ざんを防ぐ対策を取る。

対策は来年1月から開始予定であるが、それまでに中古車の購入を検討する場合、とりわけ車検間隔が短い自動車は二重車検の疑いがあるので、注意してほしい。

 

 

engauser自動車関連昨年11月に本サイトでメーター戻しについて記述したが(URL→http://sdk-news.net/2015/11/21/【総合】メーター戻し再び再燃?/)、国交省は対策に乗り出す方針。 最近は技術の向上と二重車検により(詳細は上記URL参照)、デジタルorアナログメーター関わらず、メーターの巻き戻しを行って、価値の低い自動車を不当に高値で販売する業者が現れていた。今までは検査員が車検時に、前回から走行距離が短いことについて不審に思っても、「メーター故障により機械を交換した」などと主張されれば、それ以上の追求を行う事が出来なかった。そこで、車検後の記録に過去の走行距離の最大値を記載し、何度車検を受けても最大値を消すことが出来ないようにすることで、走行距離の改ざんを防ぐ対策を取る。 対策は来年1月から開始予定であるが、それまでに中古車の購入を検討する場合、とりわけ車検間隔が短い自動車は二重車検の疑いがあるので、注意してほしい。    地域コミュニティ活性化のためのサンプリング