大日本印刷株式会社は12日、自動車に搭載されている車載機器のセキュリティサービスを開始する。その第一弾として、「CrackProof」と「DNP Multi-Peer VPN」を発表した。

「CrackProof」は、アプリケーションの改ざんを防止するソフトウェアである。車載機器のアプリケーションが改ざんされると、不正にドアロックが解除されるなどの懸念があり、「CrackProof」はそうした脅威を未然に防止するとしている。

「DNP Multi-Peer VPN」は、車載機器にシステムを組み込み、通信データを暗号化し、かつ通信機器同士の認証・管理を専用サーバ(クラウドまたはオンプレミス)で行うサービス。車載システムはインターネットに接続して動作させる前提のサービスが多いため、「DNP Multi-Peer VPN」によって不正傍受による情報漏洩を防ぎ、通信の安全性を高める事が出来る。

engauserIT関連自動車関連大日本印刷株式会社は12日、自動車に搭載されている車載機器のセキュリティサービスを開始する。その第一弾として、「CrackProof」と「DNP Multi-Peer VPN」を発表した。 「CrackProof」は、アプリケーションの改ざんを防止するソフトウェアである。車載機器のアプリケーションが改ざんされると、不正にドアロックが解除されるなどの懸念があり、「CrackProof」はそうした脅威を未然に防止するとしている。 「DNP Multi-Peer VPN」は、車載機器にシステムを組み込み、通信データを暗号化し、かつ通信機器同士の認証・管理を専用サーバ(クラウドまたはオンプレミス)で行うサービス。車載システムはインターネットに接続して動作させる前提のサービスが多いため、「DNP Multi-Peer VPN」によって不正傍受による情報漏洩を防ぎ、通信の安全性を高める事が出来る。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング