軽自動車税の引き上げによる影響で、軽自動車市場は苦戦が強いられている。その中で、ダイハツが2年ぶりにシェアトップの座に返り咲いた。ダイハツは前年比13.8%減の60万8772台と苦戦の1年であったが、ライバルのスズキも21.1%減の55万9704台と大きくマイナスになった。ただ、ダイハツはトップを奪回したものの、業績で見れば減益しているのに対し、海外市場で好調なスズキは増益を維持している。

 

■2015年度ブランド別軽自動車新車販売台数

 メーカー 販売台数前年比 販売台数
 ダイハツ  ▲13.8%  60万8772台
 スズキ  ▲21.1%  55万9704台
 ホンダ  ▲14.1%  34万5650台
 日産  ▲12.7%  21万0831台
 三菱自動車  ▲23.5%  6万1463台
 マツダ  ▲21.7%  4万4595台
 スバル  ▲11.0%  3万8269台
 トヨタ  ▲18.9%  2万6817台
engauser自動車関連軽自動車税の引き上げによる影響で、軽自動車市場は苦戦が強いられている。その中で、ダイハツが2年ぶりにシェアトップの座に返り咲いた。ダイハツは前年比13.8%減の60万8772台と苦戦の1年であったが、ライバルのスズキも21.1%減の55万9704台と大きくマイナスになった。ただ、ダイハツはトップを奪回したものの、業績で見れば減益しているのに対し、海外市場で好調なスズキは増益を維持している。   ■2015年度ブランド別軽自動車新車販売台数  メーカー 販売台数前年比 販売台数  ダイハツ  ▲13.8%  60万8772台  スズキ  ▲21.1%  55万9704台  ホンダ  ▲14.1%  34万5650台  日産  ▲12.7%  21万0831台  三菱自動車  ▲23.5%  6万1463台  マツダ  ▲21.7%  4万4595台  スバル  ▲11.0%  3万8269台  トヨタ  ▲18.9%  2万6817台地域コミュニティ活性化のためのサンプリング