トヨタ自動車は、インターネットに常時接続することによって様々なサービスを提供するシステム「つながるクルマ」を拡大させると発表した。つながるクルマは車載通信機によってネットと接続する仕組みだが、通信機は現状高級車に搭載されるのみであるため、今後は一般車への搭載も増やしていく。車載通信機の搭載率が上昇することにより、大量のデータを収集することができ、そのデータは新設予定の「トヨタ・ビッグデータ・センター」で分析を行い、開発・アフターサービスなどに活用する。

ユーザーが受けられる恩恵として考えられているものとして、▼最新地図のダウンロード▼事故時オペレーション対応▼自動車不具合・故障検知▼訪問先を分析し運転手の趣向に適合した情報の提供 などがある。

また、ネットとの通信には専用車載通信機以外にもスマートフォンとの連携を視野に入れており、ベンチャー企業のUIEvolutionと連携し、スマートフォンと安全に接続するための標準ミドルウェアも開発予定。

engauser自動車関連トヨタ自動車は、インターネットに常時接続することによって様々なサービスを提供するシステム「つながるクルマ」を拡大させると発表した。つながるクルマは車載通信機によってネットと接続する仕組みだが、通信機は現状高級車に搭載されるのみであるため、今後は一般車への搭載も増やしていく。車載通信機の搭載率が上昇することにより、大量のデータを収集することができ、そのデータは新設予定の「トヨタ・ビッグデータ・センター」で分析を行い、開発・アフターサービスなどに活用する。 ユーザーが受けられる恩恵として考えられているものとして、▼最新地図のダウンロード▼事故時オペレーション対応▼自動車不具合・故障検知▼訪問先を分析し運転手の趣向に適合した情報の提供 などがある。 また、ネットとの通信には専用車載通信機以外にもスマートフォンとの連携を視野に入れており、ベンチャー企業のUIEvolutionと連携し、スマートフォンと安全に接続するための標準ミドルウェアも開発予定。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング