U1RBUkdBVEU=_1434850164_14

ネクスコ西日本はEV(=電気自動車)高速充電設備の需要の高まりを受け、高速道路にあるサービスエリア(=SA)やパーキングエリア(=PA)の16ヶ所に、新たにEV高速充電設備を設けた。今回増設したサービスのうち、九州自動車道以外については既にサービスが開始されている。

現在西日本の高速道路のSA・PAには既に107ヶ所に設置されているが、利用実績は順調に増加しており、平成27年8月には過去最高の約14,900回/月となった。EVの電池は性能差はあるが、急速充電30分ほどで約80%まで充電ができる。満充電の状態で200kmほどの走行が可能。ただ渋滞などを考慮すれば、できれば各SA・PAに1基は欲しい。今後さらにEVが増加傾向であるが、混雑時の充電待ちなど、高速充電設備には新たな課題も予想されている。

■新規サービス開始場所一覧

高速道路名  施設名 サービス開始
 名神高速道路  菩提寺PAの上下線  H27 12.25
 山陽自動車道  淡河PAの上下線  H27 12.25
 山陽自動車道  権現湖PAの上下線  H27 12.25
 中国自動車道  大佐SAの上下線  H27 12.25
 中国自動車道  吉和SAの上下線  H27 12.25
 中国自動車道  鹿野SAの上下線  H27 12.25
 九州自動車道  基山PAの上下線  H28 1.29
 九州自動車道  山江SAの上下線  H28 1.29
engauser自動車関連ネクスコ西日本はEV(=電気自動車)高速充電設備の需要の高まりを受け、高速道路にあるサービスエリア(=SA)やパーキングエリア(=PA)の16ヶ所に、新たにEV高速充電設備を設けた。今回増設したサービスのうち、九州自動車道以外については既にサービスが開始されている。 現在西日本の高速道路のSA・PAには既に107ヶ所に設置されているが、利用実績は順調に増加しており、平成27年8月には過去最高の約14,900回/月となった。EVの電池は性能差はあるが、急速充電30分ほどで約80%まで充電ができる。満充電の状態で200kmほどの走行が可能。ただ渋滞などを考慮すれば、できれば各SA・PAに1基は欲しい。今後さらにEVが増加傾向であるが、混雑時の充電待ちなど、高速充電設備には新たな課題も予想されている。 ■新規サービス開始場所一覧 高速道路名  施設名 サービス開始  名神高速道路  菩提寺PAの上下線  H27 12.25  山陽自動車道  淡河PAの上下線  H27 12.25  山陽自動車道  権現湖PAの上下線  H27 12.25  中国自動車道  大佐SAの上下線  H27 12.25  中国自動車道  吉和SAの上下線  H27 12.25  中国自動車道  鹿野SAの上下線  H27 12.25  九州自動車道  基山PAの上下線  H28 1.29  九州自動車道  山江SAの上下線  H28 1.29地域コミュニティ活性化のためのサンプリング