トヨタ自動車は、市販車に搭載しているカメラやGPSを活用し、自動運転の走行に必要となる高精度地図を自動的に作成するシステムを開発した。カメラを装着した車両が走行中に収集した路面の画像データと位置情報をデータセンターに集約し、補正することで、自動的に広域の高精度地図データを作成する。

これまでは3次元レーザースキャナーを搭載した計測車両が市街地や高速道路を走行し、データを収集していたため、地図の更新頻度が少なく、情報鮮度も低かった。また、道路の白線や標識などは人手をかけて専用地図データを作成していたため、コストが高かった。

トヨタが開発したシステムでは、市販車が走行中にデータを集められる。頻繁に更新し、正確で安価な地図作りにつなげる。

engauser自動車関連トヨタ自動車は、市販車に搭載しているカメラやGPSを活用し、自動運転の走行に必要となる高精度地図を自動的に作成するシステムを開発した。カメラを装着した車両が走行中に収集した路面の画像データと位置情報をデータセンターに集約し、補正することで、自動的に広域の高精度地図データを作成する。 これまでは3次元レーザースキャナーを搭載した計測車両が市街地や高速道路を走行し、データを収集していたため、地図の更新頻度が少なく、情報鮮度も低かった。また、道路の白線や標識などは人手をかけて専用地図データを作成していたため、コストが高かった。 トヨタが開発したシステムでは、市販車が走行中にデータを集められる。頻繁に更新し、正確で安価な地図作りにつなげる。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング