米テスラ・モーターズが日本で販売しているセダンの電気自動車「モデルS」に2015年内から運転支援機能が搭載される。国土交通省の許可が得られ次第運転支援機能をコントロールするソフトウエアの配信を開始。高速道路上で車線をはみ出さないようにハンドルを自動運転したり、自動で縦列駐車などができるようになる。

モデルSには車載カメラや超音波センサーなどが備えられ、運転支援の環境は整っていたが、ソフトがないため稼動していなかった。

engauser自動車関連米テスラ・モーターズが日本で販売しているセダンの電気自動車「モデルS」に2015年内から運転支援機能が搭載される。国土交通省の許可が得られ次第運転支援機能をコントロールするソフトウエアの配信を開始。高速道路上で車線をはみ出さないようにハンドルを自動運転したり、自動で縦列駐車などができるようになる。 モデルSには車載カメラや超音波センサーなどが備えられ、運転支援の環境は整っていたが、ソフトがないため稼動していなかった。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング