トヨタ自動車は、世界で販売するほぼ全てのクルマを2020年までに燃料電池車、ハイブリッド車、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車、電気自動車とする計画。グローバルでの新車の平均走行時CO₂排出量を2010年比で2020年に22%以上、2050年に90%の削減を目指す。

ハイブリッド車の販売は、2020年までに年間150万台、累計で1500万台を目指す。燃料電池車は、2020年以降に年間3万台以上を販売。日本では月に1000台、年間で1万数千台を販売する。燃料電池バスは、2016年中に東京都を中心に導入を開始。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて100台以上の準備を推進する。

項目 内容
CO₂排出量 2020年22%以上、2050年90%以上削減
ハイブリッド車 2020年までに年間150万台、累計1500万台を販売
燃料電池車 2020年以降に年間3万台以上を販売
燃料電池バス 2020年の東京五輪に向けて100台以上を準備
engauser自動車関連特集トヨタ自動車は、世界で販売するほぼ全てのクルマを2020年までに燃料電池車、ハイブリッド車、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車、電気自動車とする計画。グローバルでの新車の平均走行時CO₂排出量を2010年比で2020年に22%以上、2050年に90%の削減を目指す。 ハイブリッド車の販売は、2020年までに年間150万台、累計で1500万台を目指す。燃料電池車は、2020年以降に年間3万台以上を販売。日本では月に1000台、年間で1万数千台を販売する。燃料電池バスは、2016年中に東京都を中心に導入を開始。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて100台以上の準備を推進する。 項目 内容 CO₂排出量 2020年22%以上、2050年90%以上削減 ハイブリッド車 2020年までに年間150万台、累計1500万台を販売 燃料電池車 2020年以降に年間3万台以上を販売 燃料電池バス 2020年の東京五輪に向けて100台以上を準備地域コミュニティ活性化のためのサンプリング