独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス試験不正問題後の販売推移関連情報をまとめた。

 

■11月の新車販売

2015年11月の新車販売において、ドイツ市場では全体が8.9%増に対し、VWは2%減。米国市場では全体が1.4%増に対し、VWは24.7%減だった。市場拡大が続く中で販売数が減少した。

2015年9月中旬に発覚した排ガス試験不正問題の影響が出てきている。

米国では、米当局に不正を指摘されたディーゼル車の米国での販売を中止。2015年9月に排気量1.6リットルと2リットル車の販売を中止。2015年11月には排気量3リットル車の販売を中止している。

11月 国別 市場全体
増減率 販売台数 増減率 販売台数
▲2% 5万7900台 8.9% 27万2400台
米国 ▲24.7% 2万3882台 1.4% 131万9913台
日本 ▲30%

 

■世界販売

世界販売台数は10月の3.5%減から11月は2.2%減に改善した。排ガス試験をめぐる不正の影響で米国は6.8%増から15.3%減、市場が冷え込むブラジルは2ケタ減から半減まで悪化、ロシアは2ケタ減が続く。

一方、西欧は1.2%減から2.6%増に、中国は1.6%増から5.5%増に回復し、全体の販売台数の改善に寄与した。

10月 11月
世界販売 ▲3.5% ▲2.2%
乗用車 ▲5.3% ▲2.4%
地域別 西欧 ▲1.2% 2.6%
ブラジル 2ケタ減 半減
ロシア 2ケタ減
中国 1.6% 5.5%
北米 6.8% ▲15.3%

 

■VWの中国市場

VWは中国販売で首位。VWの世界販売の約40%を占める。中国市場はガソリン車が主体で、不正対象車の販売は少ない。中国では2015年10月から排気量1600cc以下の小型車を対象にした取得税の減税措置を開始。期間は2016年末まで。VWの中国販売の70%は減税対象車が占める。

項目 内容
減税内容 自動車取得税10%→5%
対象車 排気量1600cc以下の小型車
期間 2015年10月~2016年末
engauser自動車関連独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス試験不正問題後の販売推移関連情報をまとめた。   ■11月の新車販売 2015年11月の新車販売において、ドイツ市場では全体が8.9%増に対し、VWは2%減。米国市場では全体が1.4%増に対し、VWは24.7%減だった。市場拡大が続く中で販売数が減少した。 2015年9月中旬に発覚した排ガス試験不正問題の影響が出てきている。 米国では、米当局に不正を指摘されたディーゼル車の米国での販売を中止。2015年9月に排気量1.6リットルと2リットル車の販売を中止。2015年11月には排気量3リットル車の販売を中止している。 11月 国別 市場全体 増減率 販売台数 増減率 販売台数 独 ▲2% 5万7900台 8.9% 27万2400台 米国 ▲24.7% 2万3882台 1.4% 131万9913台 日本 ▲30% - - -   ■世界販売 世界販売台数は10月の3.5%減から11月は2.2%減に改善した。排ガス試験をめぐる不正の影響で米国は6.8%増から15.3%減、市場が冷え込むブラジルは2ケタ減から半減まで悪化、ロシアは2ケタ減が続く。 一方、西欧は1.2%減から2.6%増に、中国は1.6%増から5.5%増に回復し、全体の販売台数の改善に寄与した。 10月 11月 世界販売 ▲3.5% ▲2.2% 乗用車 ▲5.3% ▲2.4% 地域別 西欧 ▲1.2% 2.6% ブラジル 2ケタ減 半減 ロシア 2ケタ減 中国 1.6% 5.5% 北米 6.8% ▲15.3%   ■VWの中国市場 VWは中国販売で首位。VWの世界販売の約40%を占める。中国市場はガソリン車が主体で、不正対象車の販売は少ない。中国では2015年10月から排気量1600cc以下の小型車を対象にした取得税の減税措置を開始。期間は2016年末まで。VWの中国販売の70%は減税対象車が占める。 項目 内容 減税内容 自動車取得税10%→5% 対象車 排気量1600cc以下の小型車 期間 2015年10月~2016年末地域コミュニティ活性化のためのサンプリング