SSDの1GBあたりの価格は四半期に10%以上のペースで下落しており、HDDの値段に急接近している。

SSD(ソリッドステートドライブ)はHDDに比べ、高性能なディスクのことで、データの読み書きするスピードやディスクに書き込みが発生するときのみ稼働することによる省電力性、衝撃に強いといった特徴を兼ね備えている。

上記のように、あらゆる特徴がHDDより勝るSSDの唯一の欠点とも言えるのが高価ということだった。

しかし、それすらもいずれは解消されてしまうというのだ。

未だに1TBの用量を持つSSDの市場価格は同容量のHDDの7倍以上するということも珍しくないこのご時世に、このようなことが信じられるだろうか?

解消されるとしているのは台湾で発表されたレポートが元になるのだが、このレポートによるとSSDの1GBあたりの単価は2012年に99セントだったものが、2015年には39セントとなっており、3年経過で40%程度まで急落しているのに対し、HDDは9セントから6セントとほぼ変化がないというデータを持ち出して説明されている。

これらのペースを比較するとSSDは16年には24セント、17年には17セントまで落ちると予測できるため、このペースでいくと近い将来HDDの価格を下回るというのだ。

実際、SSDは家庭用PCに対しても搭載率が上昇しており、17年には一般向けで発表されるノートPCの新機種の実に41%に搭載されるとされている。

このままいくとSSDの価格はHDDを下回るのは20年ごろとなるのだが、そうなった場合、そもそもHDDが販売中止されていそうな状況になっているかもしれない。

かつてのフロッピーが現在ではほぼ使用されていない状況を考えると、HDDも近い将来なくなる運命をたどっているのかもしれない。

縁がワーク運営IT関連SSDの1GBあたりの価格は四半期に10%以上のペースで下落しており、HDDの値段に急接近している。 SSD(ソリッドステートドライブ)はHDDに比べ、高性能なディスクのことで、データの読み書きするスピードやディスクに書き込みが発生するときのみ稼働することによる省電力性、衝撃に強いといった特徴を兼ね備えている。 上記のように、あらゆる特徴がHDDより勝るSSDの唯一の欠点とも言えるのが高価ということだった。 しかし、それすらもいずれは解消されてしまうというのだ。 未だに1TBの用量を持つSSDの市場価格は同容量のHDDの7倍以上するということも珍しくないこのご時世に、このようなことが信じられるだろうか? 解消されるとしているのは台湾で発表されたレポートが元になるのだが、このレポートによるとSSDの1GBあたりの単価は2012年に99セントだったものが、2015年には39セントとなっており、3年経過で40%程度まで急落しているのに対し、HDDは9セントから6セントとほぼ変化がないというデータを持ち出して説明されている。 これらのペースを比較するとSSDは16年には24セント、17年には17セントまで落ちると予測できるため、このペースでいくと近い将来HDDの価格を下回るというのだ。 実際、SSDは家庭用PCに対しても搭載率が上昇しており、17年には一般向けで発表されるノートPCの新機種の実に41%に搭載されるとされている。 このままいくとSSDの価格はHDDを下回るのは20年ごろとなるのだが、そうなった場合、そもそもHDDが販売中止されていそうな状況になっているかもしれない。 かつてのフロッピーが現在ではほぼ使用されていない状況を考えると、HDDも近い将来なくなる運命をたどっているのかもしれない。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング