富士重工業の2020年までの経営ビジョン。2020年度をめどに世界生産能力を105万台、販売台数110万台+αを目指す。世界販売の50%を占める北米を主力市場と位置付け。日本・中国を第2の柱とする。

2011年から2015年はコア事業である「スバル」の年間販売目標100万台を達成する成長戦略の基礎固め期間と位置付け。2014年まで国内生産拠点の群馬製作所と米国拠点のSIAで段階的に能力増強を推進。重点市場の米国と中国の販売体制強化に取り組む。

2016年以降は、販売する車全てに共通の車台や同じ形式のエンジンを導入。将来の開発コストの抑制と日米両国で同じ車種を生産しやすくする。

目標内容
2020年度 世界生産能力 105万台
販売台数 110万台+α
2016年以降 販売する車全てに共通の車台や同じ形式のエンジンを導入
2011年~2015年 「スバル」の年間販売目標100万台を達成する基礎固め期間
2014年まで国内生産拠点と米国拠点で段階的に能力増強
米国と中国の販売体制強化

【富士重工業の生産能力・販売台数】

2014年
生産能力 82万台
販売台数 91万台
engauser自動車関連特集富士重工業の2020年までの経営ビジョン。2020年度をめどに世界生産能力を105万台、販売台数110万台+αを目指す。世界販売の50%を占める北米を主力市場と位置付け。日本・中国を第2の柱とする。 2011年から2015年はコア事業である「スバル」の年間販売目標100万台を達成する成長戦略の基礎固め期間と位置付け。2014年まで国内生産拠点の群馬製作所と米国拠点のSIAで段階的に能力増強を推進。重点市場の米国と中国の販売体制強化に取り組む。 2016年以降は、販売する車全てに共通の車台や同じ形式のエンジンを導入。将来の開発コストの抑制と日米両国で同じ車種を生産しやすくする。 年 目標内容 2020年度 世界生産能力 105万台 販売台数 110万台+α 2016年以降 販売する車全てに共通の車台や同じ形式のエンジンを導入 2011年~2015年 「スバル」の年間販売目標100万台を達成する基礎固め期間 2014年まで国内生産拠点と米国拠点で段階的に能力増強 米国と中国の販売体制強化 【富士重工業の生産能力・販売台数】 2014年 生産能力 82万台 販売台数 91万台地域コミュニティ活性化のためのサンプリング