Google watchをはじめとして、様々なウェアラブル端末の販売が行われています。

それに伴い、スマートウォンアプリでもウェアラブル端末を意識したであろうアプリが最近は増えてきました。

例えば睡眠時の状況を測定するアプリやウォーキングやジョギング中の心肺状態を計測するアプリ、健康計測するためのヘルスアプリなど、人間の身体情報を計測するアプリが多く出てきています。

こういったアプリが台頭してきている中、最近ではスマホアプリで計測した健康データを医師に提出する事例が増えているという。

しかしこれは、医師側から提供依頼したのではなく、自分で計測したデータを医師に提出するという事例がほとんどだそうだ。

このような状況に多くの医師は困惑の色を隠せず、ウェアラブル端末にも否定的な動きを見せている。

何故、否定的な動きを見せているのか?そこには、大きく分けて2つの理由が見受けられる。

1つ目はウェアラブル端末に関わらず多くのヘルスアプリは医師の認可を得て販売されているわけではないため、その信頼性が疑われること。
医師からしたら、診療時に使用する機器で計測した方が信頼できるということだ。

2つ目はヘルスデータが提供されたとしても、そのデータの活用方法を持ち合わせていないということだ。

データを得ることができてもその使用方法が浸透していないため、どのように活用したら診療に役立てることができるのかがわからないのだ。

ここ近年、ビッグデータというワードが話題になっているが、実際にデータの活用法が不明では意味がない。

このような状態を受け、一部の企業ではデータの活用方法を医師と検討するという動きもでてきており、ウェアラブル端末やヘルスアプリで得られるデータを積極的に活用しようという意識も出てきている。

今後はより身近なヘルスデータをいかに活用できるかが焦点となってきそうだが、10年後には自分でヘルスデータを提出するのが当たり前の世界になっているかもしれない。

縁がワーク運営IT関連Google watchをはじめとして、様々なウェアラブル端末の販売が行われています。 それに伴い、スマートウォンアプリでもウェアラブル端末を意識したであろうアプリが最近は増えてきました。 例えば睡眠時の状況を測定するアプリやウォーキングやジョギング中の心肺状態を計測するアプリ、健康計測するためのヘルスアプリなど、人間の身体情報を計測するアプリが多く出てきています。 こういったアプリが台頭してきている中、最近ではスマホアプリで計測した健康データを医師に提出する事例が増えているという。 しかしこれは、医師側から提供依頼したのではなく、自分で計測したデータを医師に提出するという事例がほとんどだそうだ。 このような状況に多くの医師は困惑の色を隠せず、ウェアラブル端末にも否定的な動きを見せている。 何故、否定的な動きを見せているのか?そこには、大きく分けて2つの理由が見受けられる。 1つ目はウェアラブル端末に関わらず多くのヘルスアプリは医師の認可を得て販売されているわけではないため、その信頼性が疑われること。 医師からしたら、診療時に使用する機器で計測した方が信頼できるということだ。 2つ目はヘルスデータが提供されたとしても、そのデータの活用方法を持ち合わせていないということだ。 データを得ることができてもその使用方法が浸透していないため、どのように活用したら診療に役立てることができるのかがわからないのだ。 ここ近年、ビッグデータというワードが話題になっているが、実際にデータの活用法が不明では意味がない。 このような状態を受け、一部の企業ではデータの活用方法を医師と検討するという動きもでてきており、ウェアラブル端末やヘルスアプリで得られるデータを積極的に活用しようという意識も出てきている。 今後はより身近なヘルスデータをいかに活用できるかが焦点となってきそうだが、10年後には自分でヘルスデータを提出するのが当たり前の世界になっているかもしれない。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング