003810[1]

11月18日の岐阜新聞に、中古車詐欺の記事が掲載されていた。

車の走行距離を改ざんするメーター戻しは昔からある手法で、廃車寸前の価値のない車を高値で販売するものであるが、メーターがアナログからデジタルになったことで、減少傾向にあると思われていた。

しかし最近ではデジタルメータを改ざんできる機器が容易に手に入るようになり、再燃の兆しがあるようだ。

車検時の走行距離の記載ルールにも問題がある。「直近2回の走行距離を記載する」というルールのため、2回車検を通すことで、車検証にも改ざんした走行距離を記載できるのである。(=二重車検)

つまり、走行距離25万キロの車を5万キロまでメーター戻しを行い1回目の車検を通せば、上記ルールにより今回走行距離5万キロ、前回は25万キロという記載になる。

このままでは走行距離に矛盾が起きるのでもう一度5万5000キロにメーター戻しを行い、2回目の車検を通せば、廃車寸前のボロ車が5万5000キロの車に生まれ変わるのだ。

二重車検を取り締まる法律などはないため、車検時のルールの見直しが求められるだろう。

縁がワーク運営自動車関連11月18日の岐阜新聞に、中古車詐欺の記事が掲載されていた。 車の走行距離を改ざんするメーター戻しは昔からある手法で、廃車寸前の価値のない車を高値で販売するものであるが、メーターがアナログからデジタルになったことで、減少傾向にあると思われていた。 しかし最近ではデジタルメータを改ざんできる機器が容易に手に入るようになり、再燃の兆しがあるようだ。 車検時の走行距離の記載ルールにも問題がある。「直近2回の走行距離を記載する」というルールのため、2回車検を通すことで、車検証にも改ざんした走行距離を記載できるのである。(=二重車検) つまり、走行距離25万キロの車を5万キロまでメーター戻しを行い1回目の車検を通せば、上記ルールにより今回走行距離5万キロ、前回は25万キロという記載になる。 このままでは走行距離に矛盾が起きるのでもう一度5万5000キロにメーター戻しを行い、2回目の車検を通せば、廃車寸前のボロ車が5万5000キロの車に生まれ変わるのだ。 二重車検を取り締まる法律などはないため、車検時のルールの見直しが求められるだろう。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング