マイナンバーの一部が1129(いい肉)だった場合に焼肉をサービスするというキャンペーンをはじめた焼肉店に内閣官房から「待った!!」がかかった。

その理由は「マイナンバーの流出の恐れがある」とのこと。

大阪市内で焼き肉店6店舗などを展開する株式会社「萬野屋(まんのや)」はせっかくマイナンバーを利用した新しいサービスで盛り上げようとしたのに・・・と残念がっている。

しかしこの1件は店側は事前に問い合わせをかけた際にOKを得られたことからはじまったサービスらしい。

一体どういうことなのか?

事の発端は萬野屋がマイナンバーを利用したサービスを展開してよいかと内閣官房に問い合わせをかけたさいにOKを得られたことからはじまったとのこと。

この時の問い合わせは窓口であるオペレータに問い合わせ、「運用に気を付け、かつ4桁のみならば大丈夫」と言われたことからサービスの企画立案を進めた。

そして常連客にも宣伝をはじめ、広告も打ち出している中、サービス決定をしたことを内閣官房に申請したところ待ったがかかったということだ。

実際に店側は広告の用意の他にマイナンバーの4桁を確認するための専用シートを用意し、サービス開始に備えていたという。

しかし、実際に内閣官房にサービスについて許可申請を提出したところ、やはりナンバーが漏れる可能性は否定できないとのことで9日に待ったがかかったとのことだ。

準備期間と広告宣伝費の30万を支払った後なだけに店側も痛手。更に常連客も残念な顔を見せている。

マイナンバーを利用したサービス展開を考える企業は多いが、マイナンバーが漏れることを懸念すると、本格運用が始まった際にはこのような問題が山のように出てくるだろう。

ちなみに萬野屋では末尾が29だったり、7777の4桁だったりといった数値のナンバーに対してサービス提供する予定だったそうだ。

自分のナンバーによってはサービスを受けらるなら受けてみたいところなので、待ったがかかったのは何とも残念なところだ。

縁がワーク運営IT関連マイナンバーの一部が1129(いい肉)だった場合に焼肉をサービスするというキャンペーンをはじめた焼肉店に内閣官房から「待った!!」がかかった。 その理由は「マイナンバーの流出の恐れがある」とのこと。 大阪市内で焼き肉店6店舗などを展開する株式会社「萬野屋(まんのや)」はせっかくマイナンバーを利用した新しいサービスで盛り上げようとしたのに・・・と残念がっている。 しかしこの1件は店側は事前に問い合わせをかけた際にOKを得られたことからはじまったサービスらしい。 一体どういうことなのか? 事の発端は萬野屋がマイナンバーを利用したサービスを展開してよいかと内閣官房に問い合わせをかけたさいにOKを得られたことからはじまったとのこと。 この時の問い合わせは窓口であるオペレータに問い合わせ、「運用に気を付け、かつ4桁のみならば大丈夫」と言われたことからサービスの企画立案を進めた。 そして常連客にも宣伝をはじめ、広告も打ち出している中、サービス決定をしたことを内閣官房に申請したところ待ったがかかったということだ。 実際に店側は広告の用意の他にマイナンバーの4桁を確認するための専用シートを用意し、サービス開始に備えていたという。 しかし、実際に内閣官房にサービスについて許可申請を提出したところ、やはりナンバーが漏れる可能性は否定できないとのことで9日に待ったがかかったとのことだ。 準備期間と広告宣伝費の30万を支払った後なだけに店側も痛手。更に常連客も残念な顔を見せている。 マイナンバーを利用したサービス展開を考える企業は多いが、マイナンバーが漏れることを懸念すると、本格運用が始まった際にはこのような問題が山のように出てくるだろう。 ちなみに萬野屋では末尾が29だったり、7777の4桁だったりといった数値のナンバーに対してサービス提供する予定だったそうだ。 自分のナンバーによってはサービスを受けらるなら受けてみたいところなので、待ったがかかったのは何とも残念なところだ。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング