11月11日と言えば日本ではポッキーの日が有名だが、中国では独身の日と呼ばれている。1が並ぶことからシングルデイ=独身の日というわけだ。

そしてこの日は中国にとってかなり特別な日である。

中国の電子商取引が年間で最大になるのだ。実際に昨年2014年にはネット通販大手のアリババで約93億ドルという売上高を記録している。

2015年の今年もその勢いは衰えることはなく、開始1位時間で39億ドル(約4800万円)を超え、10時間後には78億6000万ドルという金額を記録した。明らかに2014年の数値を超える伸びを見せたのだ。

このような中国の市場動向から、11月11日に中国をターゲットとしたマーケティング戦略を仕掛けた企業も多い。

日本の企業も中国の11月11日に向けて特設サイトを作成して展開した企業は多く、開始1時間前後で数億ドルを売り上げるという企業も多かった。

ドラッグストア大手のキリン堂グループも中国での需要に目を付け、中国でアリババが運営している天猫tmallというネットモールに出店を開始した。

中国の17億人を相手に商売を行うということは、それだけでも市場規模が日本の17倍ということになる。

ただでさえ、購買層が広がるのに加え、この日はいわゆる爆買いという状態が出来上がるため、想定以上の購入が予想される。

キリン堂は日本で6000万本の大ヒットとなったノンシリコンシャンプー「レヴール」を備えることにしたが、3万本から6万本を用意してほしいと言われ驚いたそうだ。

上記の数値は日本の330店舗をかけても3か月かけて売れる数値。しかしそれが1日だという。にわかには信じられない。

しかし、現地の担当者とのやりとりの中でその可能性を信じ、実際に本数を用意した。

結果は成功。セール品のシャンプーとリンス7万5千本が完売したそう。途中経過で1億5700万円の売り上げ速報が届いたときには歓喜だった。

準備途中には無関税と聞いていたものが関税がかかることになりそうなどのトラブルも発生したが、何とかやりきることができた。

中国という巨大市場を相手に商売をやりきることは決して簡単ではないが、それを補ってあまりある魅力がある。

今後国内の消費層が減少の一途をたどることを考えると、中国という巨大市場相手の商売は魅力的かつ成長していく可能性が見えている市場と言えるだろう。

縁がワーク運営IT関連11月11日と言えば日本ではポッキーの日が有名だが、中国では独身の日と呼ばれている。1が並ぶことからシングルデイ=独身の日というわけだ。 そしてこの日は中国にとってかなり特別な日である。 中国の電子商取引が年間で最大になるのだ。実際に昨年2014年にはネット通販大手のアリババで約93億ドルという売上高を記録している。 2015年の今年もその勢いは衰えることはなく、開始1位時間で39億ドル(約4800万円)を超え、10時間後には78億6000万ドルという金額を記録した。明らかに2014年の数値を超える伸びを見せたのだ。 このような中国の市場動向から、11月11日に中国をターゲットとしたマーケティング戦略を仕掛けた企業も多い。 日本の企業も中国の11月11日に向けて特設サイトを作成して展開した企業は多く、開始1時間前後で数億ドルを売り上げるという企業も多かった。 ドラッグストア大手のキリン堂グループも中国での需要に目を付け、中国でアリババが運営している天猫tmallというネットモールに出店を開始した。 中国の17億人を相手に商売を行うということは、それだけでも市場規模が日本の17倍ということになる。 ただでさえ、購買層が広がるのに加え、この日はいわゆる爆買いという状態が出来上がるため、想定以上の購入が予想される。 キリン堂は日本で6000万本の大ヒットとなったノンシリコンシャンプー「レヴール」を備えることにしたが、3万本から6万本を用意してほしいと言われ驚いたそうだ。 上記の数値は日本の330店舗をかけても3か月かけて売れる数値。しかしそれが1日だという。にわかには信じられない。 しかし、現地の担当者とのやりとりの中でその可能性を信じ、実際に本数を用意した。 結果は成功。セール品のシャンプーとリンス7万5千本が完売したそう。途中経過で1億5700万円の売り上げ速報が届いたときには歓喜だった。 準備途中には無関税と聞いていたものが関税がかかることになりそうなどのトラブルも発生したが、何とかやりきることができた。 中国という巨大市場を相手に商売をやりきることは決して簡単ではないが、それを補ってあまりある魅力がある。 今後国内の消費層が減少の一途をたどることを考えると、中国という巨大市場相手の商売は魅力的かつ成長していく可能性が見えている市場と言えるだろう。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング