日産自動車も今後販売する新車のエアバッグのガス発生装置(インフレーター)について、タカタ製装置を使用しない方針を明らかにした。
すでにトヨタ、ホンダ、マツダ、富士重工業が発表しており、日系主要自動車メーカーは同じ方針を打ち出した形となる。

2015年の3月期決算説明資料では売上高に対する日系企業の割合は約39%であり、商品別で見ると売上高に対するエアバッグの構成比は38.1%である。
今後海外自動車メーカーも同様の方針を打ち出すことになれば、経営にさらなる打撃を与えることになりそうだ。

2015年3月期売上高 タカタ社主要トップ5顧客
2015年3月期 構成比
エアバック 2,448億円 38.1%
シートベルト 2,079億円 32.3%
ステアリング 1,058億円 16.5%
その他 841億円 13.1%
合計 6,428億円 100.0%
1位 ホンダ
2位 VM
3位 GM
4位 Renault 日産
5位 FIAT Chrysler

 

 

 

 

タカタは2015年3月期に特損556億のリコール費用を計上しているが、「現時点でリコールの原因は調査中で、当企業グループの負担金額を合理的に見積もることは困難」として、
2014年11月以降のリコール調査費は含まれていない。今後さらにリコール費用や制裁金が発生する見込みであり、苦しい経営を迫られそうだ。

縁がワーク運営自動車関連日産自動車も今後販売する新車のエアバッグのガス発生装置(インフレーター)について、タカタ製装置を使用しない方針を明らかにした。 すでにトヨタ、ホンダ、マツダ、富士重工業が発表しており、日系主要自動車メーカーは同じ方針を打ち出した形となる。 2015年の3月期決算説明資料では売上高に対する日系企業の割合は約39%であり、商品別で見ると売上高に対するエアバッグの構成比は38.1%である。 今後海外自動車メーカーも同様の方針を打ち出すことになれば、経営にさらなる打撃を与えることになりそうだ。 2015年3月期売上高 タカタ社主要トップ5顧客 2015年3月期 構成比 エアバック 2,448億円 38.1% シートベルト 2,079億円 32.3% ステアリング 1,058億円 16.5% その他 841億円 13.1% 合計 6,428億円 100.0% 1位 ホンダ 2位 VM 3位 GM 4位 Renault 日産 5位 FIAT Chrysler         タカタは2015年3月期に特損556億のリコール費用を計上しているが、「現時点でリコールの原因は調査中で、当企業グループの負担金額を合理的に見積もることは困難」として、 2014年11月以降のリコール調査費は含まれていない。今後さらにリコール費用や制裁金が発生する見込みであり、苦しい経営を迫られそうだ。地域コミュニティ活性化のためのサンプリング